中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
外交部、いわゆる「ウイグル特別法廷」は法律と無関係
  ·   2021-06-09  ·  ソース:人民網
タグ: 新疆;英國;政治
印刷

いわゆる「ウイグル特別法廷」がこのほどロンドンで「公聴會」を開いたことについて、外交部(外務?。─乌w立堅報道官は8日の定例記者會見で、「いわゆる『ウイグル特別法廷』は全く法律と関係のない反中の茶番だ」と述べた。

【記者】「ウイグル特別法廷」が4日から7日までロンドンで「公聴會」を開き、新疆で人権を侵害し、「ジェノサイド」に関わっていると中國政府を告発した。あるメディアは、実はこのいわゆる「法廷」は英國で登記された民間企業であることから、いわゆる「証人」は偽証による法的責任を負う必要がないため、恣意的に噓をつくことができると報じた。この報道は、いわゆる「法廷」の主な資金源はテロリズムと結びつきのある反中分離獨立組織だとも指摘した。これについて外交部としてコメントは。

【趙報道官】この「法廷」に真相はなく、ショーでしかない。事実の裏付けはなく、あらかじめ用意された結論しかない。公正性に対する擁護はなく、法律に対する冒涜しかない。

「法廷」の最大の資金提供者は分離獨立思想を鼓吹する反中組織「世界ウイグル會議」だ。いわゆる「裁判長」のジェフリー?ナイスは國際人権領域で濫訴をする人物としてよく知られており、様々な反中勢力と密接な関係にある。いわゆる「専門家」というのは、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)やAdrian Zenz(中國語名「鄭國恩」)など、長い間中國を中傷し、中國のイメージを損なうデマを流してきた者達に過ぎない。いわゆる「証人」というのは、存在もしない様々ないわゆる「迫害事件」をでっち上げた「役者」に過ぎない。

反中勢力がいかに腐心してこのような反中の茶番を上演しようとも、新疆を含む中國はますます発展し、新疆を客観的かつ公正に見ることを主張する國際社會の聲はどんどん増えていく?;昴懁虮Гい空哌_が自作自演する拙劣な「ショー」は所詮徒労に終わるだろう。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年6月9日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: