中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
中國製新型コロナワクチンが再度WHOに承認されたことは何を意味するのか
  ·   2021-06-04  ·  ソース:人民網
タグ: ワクチン;WHO;政治
印刷

世界保健機関(WHO)は1日、中國の科興(シノバック)製新型コロナウイルスワクチン「CoronaVac」の緊急使用を正式に承認した。WHOによる中國製ワクチンの緊急使用承認は國薬集団(シノファーム)に続き2件目となる。中國新聞社が伝えた。

WHOによる中國製ワクチンの2件目の承認は何を意味するのだろうか。確かに言えるのは、中國製ワクチンの安全性と有効性が再び國際社會に認められたということだ。

WHOのテドロス事務局長は1日の記者會見で、シノバック製ワクチンについて、「安全で有効かつ品質を保証できる」ことが証明され、保存が容易という特徴からリソースに乏しい環境での使用に非常に適しているとした。シノバック製ワクチンは発癥予防有効率が51%で、重癥?入院治療予防有効率は100%にも達する。

WHOの緊急使用承認を得たことで、中國製新型コロナウイルスワクチンは品質が保証されており、安全に使用でき、信頼に値するという明確なメッセージが外部に伝えられたとの分析もある。安全性、有効性、適応性が保証されているからこそ、中國製ワクチンはパンデミックと闘い、全人類のためにワクチンによる防壁を築くうえで重要な助力となることができると言えるだろう。

昨年5月の第73回WHO総會で、中國は新型コロナウイルスワクチンを國際公共財とすることを約束した。その後の1年余りで中國はワクチンを80余りの発展途上國に援助し、40數ヶ國に輸出して、累計3億回分を世界に供給した。

報道によると、ブラジルの小都市セハナでは人口の6割以上がシノバック製ワクチンの接種を受けた結果、新規感染者數が今年3月の692人から4月には235人に減り、接種を完了した人の死亡例は出ていない。

ワクチンの不足と分配の不均衡は、世界の新型コロナとの闘いが現在抱えている大きな課題だ。マリアンジェラ?シモンWHO事務局長補(醫薬品?醫療製品アクセス擔當)は聲明で、世界的に大きな問題になっているワクチン獲得の不平等性を複數種のワクチンによって解決することが差し迫って必要だと指摘した。2件目の中國製ワクチンの承認によって、発展途上國を中心に世界におけるワクチンのアクセシビリティとアフォーダビリティが一層高まるとの見方がある。

また、WHOはワクチンメーカーに対し、WHOが主導する「COVAXファシリテ?!工藚⒓婴?、専門的な知識やデータを共有することで、パンデミックの抑制に貢獻するよう促してもいる。シノバック製ワクチンの緊急使用承認の前日、シノファームがCOVAXに供給するワクチン第1陣の生産が完了したとの報道があった。これは「1回分のワクチンの獲得も困難」な國々に「分配格差」を乗り越える希望をもたらすものだ。

中國外交部(外務?。─瓮粑谋髨蟮拦伽?日の定例記者會見で、この件について、「まさに中國がワクチンを『國際公共財』にするとの約束を実際の行動によって実行していることを示す新たな重要事例だ」と指摘した。

パンデミックを前に、他國を顧みずに自國の事のみを考えてよい國はない。中國はこの理を熟知しており、約束を行動に移すことで新型コロナ対策の國際協力を支えている。こうした見地から考えると、WHOによる中國製ワクチンの2件目の承認は、世界のワクチン供給不足の緩和、ワクチン普及の加速にとって、非常に大きな意味を持っている。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年6月3日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: