中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
中國が第3子出産容認政策を打ち出した意図
  ·   2021-06-02  ·  ソース:人民網
タグ: 出産;高齢化;政治
印刷

5月31日の中國共産黨中央政治局會議で、第3子までの出産を容認する政策が明らかにされた。會議は、「出産政策をさらに最適化し、夫婦1組につき3人の子までの出産を認める政策及び関連する支援措置を実施することは、我が國の人口構成を改善し、高齢化に積極的に対処する國家戦略を実行に移し、我が國の人的資源による優位性を保つことに寄與する」とした。第3子出産容認政策をこの時期に打ち出したことは、現在の中國の人口動態における新たな狀況や変化と関係があると分析される。中國新聞社が伝えた。

第7回全國國勢調査によると、2020年の中國の出産適齢女性の合計特殊出生率は1.3で、2010年の第6回國勢調査以降初めて1.5を下回った?!溉鎭I孩政策」(1世帯につき子供2人までの出産を全面的に認める政策)の実施後、出生率は短期間回復したが、その後次第に下降し、低水準で上下してきた。國際的には通常、合計特殊出生率は1.5前後が「高度敏感警戒ライン」であり、これを下回る狀態が続くと「低出生率の落とし穴」に陥る恐れがあるとされている。

南開大學経済學部教授で中國人口學會副會長の原新氏によると、第3子出産容認政策を打ち出したのは、1つには高齢化への積極的対処という中國の國家戦略の実行を促進するためであり、もう1つには第14次五カ年計畫(2021‐25年)綱要の打ち出した「適度の出生水準の実現の後押し」を促進するためだ?!竾胰丝诎k展計畫(2016ー2030年)」は2030年の合計特殊出生率目標を1.8としており、現在の水準とはなお一定の隔たりがある。

専門家によると、産児制限政策の一層の緩和は中國にとって良い事だが、出生率改善に対する効果が短期的なものになる可能性が高い。この政策と関連する経済?社會政策をしっかりと策定できるか否かが極めて重要となる。

今回の會議で、出産政策と関連する経済?社會政策の連攜促進に言及されたことは注目に値する。會議では、婚姻?出産?養育?教育の一體的考慮、結婚適齢期青年の結婚?戀愛意識の強化、「優生優育」サービス水準の向上、保育サービスシステムの発展、教育の公平性と良質な教育資源供給の推進、家庭の教育費負擔軽減といった具體的措置が挙げられた。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: