中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
中國のイメージを毀損するウイルス起源説が再び出現
  ·   2021-05-31  ·  ソース:人民網
タグ: 新型コロナウイルス;米國;政治
印刷

米國は現地時間26日にある聲明を発表して、再度中國に照準を合わせたウイルス起源説を提起した。(文:席來旺。人民網掲載)

全世界を巻き込んだ新型コロナウイルスの起源解明は本來全世界的なものであるべきだ。しかし、米國政府は中國のみ、武漢のみに視線を向けている。バイデン米大統領は米情報當局に対し、COVID-19の起源に関する情報を収集?分析し、3ヶ月以內に結果を報告するよう一層の努力を指示した。

かつて中國は新型コロナウイルス感染癥との闘いにおいて、米側からトランプ元大統領による非協力及び橫暴理不盡な責任転嫁という二重の妨害を受けた。パンデミックの問題において米國は、中國が新型コロナとの闘いにおける國際協力に重大な貢獻をしているという基本的事実を顧みず、中國のイメージを毀損する世論戦を繰り返し発動し、國際世論をかき亂して、非理性的言論が飛び交う事態を招いた。

米國が騒ぎ立て煽動する中、西側諸國を中心とする対中デマ、非難、スティグマタイゼーションの動きは一刻も止むことがなかった。そして今、そうした動きが落ち著気を見せてから1年を経て、中國の研究所を新型コロナの発生源とする理論が再び米國の大手メディアに出現した。この新たな対中イメージ毀損はどのように生じたのか。

まず、ウォール?ストリート?ジャーナルが5月23日付で、スクープの形で、米國の言うところの「新たに機密解除」された米情報機関の見解を拠り所にして、再び「新型コロナウイルス武漢研究所流出説」を大げさに宣伝。米國の一部の人々はこれを鬼の首を取ったように捉え、中には聲明を発表して助勢するケースもあった。米歐など西側先進國は感染狀況が次第に緩和してきており、それでようやく新型コロナウイルスの起源解明問題をめぐり再び中國を詰問する余裕が出來たのだろう。

米國は世界保健機関(WHO)総會の開幕を目前にして、新型コロナ武漢起源説を力の限り主張。その魂膽は陰険と言えよう。

米國が新型コロナウイルスの研究所起源説を大げさに宣伝し始めたのは、米國防長官が中國に対話を3度拒絶されたという言い分を先ごろ大げさに騒ぎ立てたことと軌を一にしており、中國に責任を転嫁し、デマを事実と想定し、仮説を真実として広め、憶測を科學として扱い、みだりに中國のイメージを毀損するものだ。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: