中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
日本の原発汚染水海洋放出に外交部が4つの問い
  ·   2021-05-28  ·  ソース:人民網
タグ: 原発汚染水;福島;政治
印刷

外交部(外務?。─乌w立堅報道官は27日の定例記者會見で、日本の原発汚染水の海洋放出問題について質問に答えた。

【記者】韓國のクォン?ドクチョル保健福祉相は25日、オンライン形式で開かれた世界保健機関(WHO)総會で、福島原発汚染水の海洋放出という決定の安全性に関する情報を厳格に検証するよう日本政府と國際社會に促した。パキスタンの上院議員も先日、日本が原発汚染水の海洋放出を一方的に決定したことを強く非難し、この誤った決定の撤回を促した。また、パキスタンのグワダルでは、漁師らが日本側の誤った決定に抗議するデモ活動を行った。これについて中國側としてコメントは。

【趙報道官】韓國とパキスタンの姿勢表明によって、日本側が一方的に標榜するいわゆる「安全性」が國際社會の納得を得るには全く不十分であることが改めて証明された。日本の誤った決定に反対する國々が増えている。日本側には次の質問に回答してもらいたい。

第1に、日本側はそのいわゆる処分方法が安全で信頼できると宣伝し続けているが、利害関係國の同意は得たのか?

第2に、東京電力は隠蔽や虛偽報告の醜聞が頻繁に暴露されているが、東京電力が一方的に提供した情報やデータの真実性を日本側はどう保証できるのか?

第3に、原発汚染水は飲んでも大丈夫だと公然と鼓吹した日本の政治屋がいるが、なぜ未だに自ら試飲して証明する勇気がないのか?

第4に、國內外が一様に問題視する中、いつ日本側は誤った決定を撤回するのか?

現在、國際原子力機関(IAEA)が技術チームの立ち上げを進めており、すでに中國や韓國の専門家を招いている。中國側はこの取り組みを全力で支持し、中國など利害関係國及び國際社會の懸念に日本側が応えるよう働きかける。日本はしっかりと誠意を示し、責任を負い、全人類の生存がかかっている環境をしっかりと保護するべきだ?,F代に災いをもたらし、子孫に災いを殘す事をしてはならない。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年5月28日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: