中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
日本の學者の「新疆ジェノサイド」反論文、日本メディアに掲載されず
  ·   2021-05-24  ·  ソース:人民網
タグ: 新疆;民族;政治
印刷

中國が新疆で「ジェノサイド」を行っているという間違った説を米國など西側諸國がでっち上げていることに対し、中國外交部(外務?。─悉工扦撕味趣鈶B度を表明し、いわゆる新疆「ジェノサイド」というのは掛け値なしに偽の命題であり、一部の反中勢力が下心をもってでっち上げた噓であり、徹頭徹尾中國を中傷する茶番劇だと述べてきた。先ごろ、日本のある學者が新疆での「ジェノサイド」というでたらめな理屈に反論する文章を執筆し、複數のメディアに送ったものの、日本のメディアに掲載されることはなかった。共同通信社の客員論説委員である岡田充氏は19日、環球時報の取材に対し、日本メディアには「米國の主張については甘く、一方的な情報に基づく恣意的な中國非難をするという悪い癖」があるとの指摘を行った。

新疆「ジェノサイド」論は無知と偏見に由來する噓

橫浜國立大學名譽教授で中國問題専門家の村田忠禧氏は、「新疆ウイグル自治區の『ジェノサイド』は無知と偏見の産物」と題した文章の中で、「新疆維吾爾(ウイグル)族は安定的に増加している」、「このような歴然とした事実を無視して、『ジェノサイド』が進行している、といくら聲高に叫んだところで、(中略)アメリカ政府の『人権外交』の本質が無知と偏見で作られた『デマ情報』に基づいていることを全世界人民に知らせる結果となるであろう」としている。

村田氏は、「2019新疆統計年鑑」のデータ分析を引用し、1978年以降、新疆におけるウイグル族の人口は漢族の人口より多く、ウイグル族は555萬5000人、漢族は512萬9000人だったが、その後全體の人口が増加するにつれて、2019年にはウイグル族が1167萬6000人まで増えたのに対し、漢族は785萬7000人だったと指摘している。

また、受け入れた外國人観光客數(國別)データによると、2017年に新疆を訪れた外國人観光客総數は224萬5610人だったが、2018年には248萬9420人まで増え、うちカザフスタン、モンゴル、パキスタン、日本、韓國が上位を占めた。村田氏は、「日本、韓國以外はいずれも新疆と國境を接しているか、舊ソ連に屬していた國で、自國內に新疆の少數民族と同じ民族を抱えている國々である。もし新疆で自己の民族同胞が抑圧され、犠牲になっているのなら新疆を訪問する気になるだろうか」と指摘している。注目すべきは、他の國から新疆を訪問した観光客數が増加している一方で、日本からの観光客數が2017年の1萬3179人から2018年には9959人に落ち込んでいる點だ。

18日、村田氏は取材に対し、「いわゆる『ジェノサイド』は全く存在しない。私は新疆を訪れて自分の目で新疆の繁栄と発展を確かめたので、西側が中國を中傷する言葉を信じない」と語った。村田氏は大量の資料を読み、西側が宣伝する「ジェノサイド」論に反論する文章を執筆して、複數の日本メディア向けに送ったが、「誰にも相手にされず」、文章は今も掲載されていないという。

日本メディアを覆う「書き得」の空気

村田氏が調べてみると、米國の「結論」を支持する文章のほうが日本メディアに歓迎されていることが分かった。例えば、東京大學大學院法學政治學研究科の平野聡教授はその文章の中で、中國の少數民族の人口データとウイグル族の人口データを一括りにして論じており、「分析」の結果、米國と一致する「結論」、つまり中國が「ジェノサイド」を実施したと認定するという「結論」を導き出した。そしてこの「結論」は日本社會から「認められた」。

共同通信社の客員論説委員である岡田氏も、「日本のメディアの記事や動畫でも、ジェノサイドという言葉を『カッコなし』で表記し、それが米國政府の主張にすぎないことを明確に示さず報道するケースが増えている。米國の主張には甘く、中國批判については事実を確認せずに大きく扱う『書き得』の空気がメディアを覆っている」と指摘している。

村田氏は、「一般の日本人は新疆についてほとんど知らないが、新疆に行った人であれば、西側の新疆への中傷は反論するまでもなく噓だと分かるだろう。しかも、日本メディアや書店には中國を悪く言う內容や本があふれており、日本人の中國に対する誤解を生じさせている部分が大きい」と説明した。

また村田氏は、「近年、中國の政務公開の取り組みが大きく進展し、ネット上でより詳細なデータを入手できるようになった。隣國として、日本はかつて『中國研究』に長けていたが、現在の日本はすでに本當の中國を理解していない、もしくは理解しようとしない狀況になっている。だからこそ、西側の噓にだまされ、米國に『誘導されるままに脇道にそれた』」と述べている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: