中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
もっと知りたい!中國古典チャンネル
習主席の講話で登場した名言名句?
「之を往事に度り 之を來事に験し 之を平素に參じ 可なれば則ち之を決す」
  ·   2021-04-28  ·  ソース:北京週報
タグ: 中國古典;中米関係;政治
印刷

習近平國家主席の講話の中で引用された中國古典の名言名句を紹介する本シリーズの第22回は、約2000年前の策略に関する書物である『鬼谷子』の「之を往事に度り 之を來事に験し 之を平素に參じ 可なれば則ち之を決す」を取り上げる。過去の事例を參考とし、將來について検証を行い、さらに日常に當てはめて考慮した上で決斷を下すべきと説くこの言葉は國際関係、とりわけ中米両國がいかに手を攜えて世界の平和と発展を促進すべきかを検討する上で大きな意義を持っている。

「北京週報日本語版」2021年4月28日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: