中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
中國大學統一入學試験が7日と8日に実施 過去最多1078萬人が受験
  ·   2021-06-07  ·  ソース:人民網
タグ: 入試;教育;社會
印刷

中國大學統一入學試験(通稱「高考」)が7日に始まり、受験生1078萬人が人生を大きく左右する重要な試験日を迎えている。

6月6日に合格を祈願し、赤いポチ袋を上に投げる湖南省長沙市同昇湖実験學校の教師と受験生(撮影?楊華峰)。

今年の高考は6月7日と8日に実施され、7日午前9時から11時半までが語文(國語)、午後3時から5時までが數學、8日午前9時から11時半が文系総合/理系総合、午後3時から5時までが外國語の試験というスケジュールになっている。

その他、一部の省(區、市)では、試験科目のスケジュールが異なっており、9日と10日に一部の科目の試験が行われる地域もある。

中國教育部(?。─谓y計によると、今年の受験生の數は前年比で7萬人増えて1078萬人に達し、過去最多を更新した。

今年は中國全土7200ヶ所以上の試験場の約46萬6000會場(予備の隔離會場2萬6000室を含む)で試験が実施され、スタッフとして140萬人以上が関わり、そのうち試験官が約95萬人となっている。

合格を祈願し、受験生の腕に赤いリボンを結ぶ広西華僑実験高校の教師 (撮影?俞靖)。

ここ數日、広東省広州市では新型コロナウイルス感染が拡大しており、多くの人が不安を募らせている。広州市衛生健康委員會の関係責任者によると、同市は、一般試験場と隔離試験場に分けて試験を実施する。一般試験場には、一般會場、予備會場、隔離會場が設置される。また、受験生をグループ分けして、各試験會場に振り分ける。そして、それぞれに合わせた感染対策が講じられ、各會場の受験生同士が接觸することがないよう、それぞれの會場を空間的に獨立させている。PCR検査で陽性となった受験生については、広州市は、指定醫療機関に専用の試験會場を設置し、スムーズに受験できるよう最大限取り計らっている。

ロックダウンされているエリアの受験生や濃厚接觸者、二次接觸者とされた受験生については、徹底した健康検査、ワクチン接種、PCR検査などを受けた運転手が運転する専用車両で、隔離試験場に送迎されている。(編集KN)

「人民網日本語版」2021年6月7日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: