中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
新型コロナワクチン接種が6億回を突破した中國 この數字は何を意味するか
  ·   2021-06-02  ·  ソース:北京週報
タグ: ワクチン;新型コロナウイルス;社會
印刷

ワクチン接種車の中で接種を受ける北京市大興區青雲店鎮東店村の住民(寫真=新華社提供)

このほど、中國で新型コロナワクチンの接種が急ピッチで進んでいる。5月26日の接種回數は2000萬9000回に達し、1日の接種回數として初めて2000萬回を突破した。また、5月28日の時點でワクチンの接種回數は累計6億回を超えた。これらの數字は何を意味しているのだろうか? 

まず、これは民衆のワクチン接種の意欲が高まり、中國人はより早く集団免疫の壁を構築できるということだ。免疫の壁を作り上げるには最低でも7割の人のワクチン接種を要するが、中國では10億人に約20億回分のワクチン接種を行う必要がある。5月12日以降、中國における1日の接種回數は18日連続で1000萬回を超えており、さらに5月24日からの1週間、毎日1600萬回以上という高い數字をキープしている。もし1日に1600萬~2000萬回の接種回數を維持できれば、約80日後にはほぼ目標達成となる。 

また、この數字は中國企業が優れたワクチン生産能力を備えており、中國は全世界の新型コロナウイルス感染癥対策により大きく貢獻していくことを意味する。新型コロナワクチンを生産する中國企業のうち、中國醫薬集団(シノファーム)の年間生産能力は30億回分に達し、科興控股生物技術(シノバック?バイオテック)は年間20億回分以上の生産能力を備えており、康希諾生物(カンシノ?バイオロジクス)の年間生産能力は7億回分に達する見込みだ。そのほか、智飛生物(ジーフェイ?バイオロジカル)は年內に5億回分の組換えタンパクワクチンを生産し、康泰生物(カンタイ?バイオロジカル)の不活化ワクチンは生産能力が年間2億回分となる見通しだ。以上のことからわかるように、條件付き承認、あるいは緊急使用が承認された中國製ワクチンの年間生産能力は60億回分を超え、中國のニーズを満たすと同時に、大量に輸出することで全世界の新型コロナウイルス感染癥対策にも貢獻できる。 

4月末の時點で、中國が輸出した新型コロナワクチンの數量は他のワクチン生産國の輸出合計を上回っている。新型コロナウイルス感染癥が世界各地で猛威を振るう現在、中國製ワクチンの生産能力の向上は、全世界の感染癥対策に間違いなくプラスとなり、特に新型コロナワクチンを自國で研究開発?生産できない數多くの発展途上國や立ち遅れた地域にとっては、感染癥を抑え込む上での大きな希望だ。 

ワクチンは新型コロナウイルス感染癥と戦うための最も有力な武器だ。信頼できるワクチンを世界に提供し続ける中國は、まさしく実際の行動で人類運命共同體の理念を貫き、人類衛生健康共同體を構築している。

「北京週報日本語版」2021年6月2日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: