中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
中國、時速400キロの高速列車の研究?製造を開始
  ·   2021-05-31  ·  ソース:人民網
タグ: 高速鉄道;列車;社會
印刷

30日に行われた中國科學院學部第7回學術年次総會で、中國科學院の翟婉明院士は中國の高速鉄道の今後の発展について、「歐州と日本が現在、より高速の高速列車の研究?製造を続けている。中國のスピードの分野における優位性を維持するため、中國はすでに時速400キロメートルクラスのCR450高速列車の研究?製造、及び成渝中線高速鉄道線路建設計畫を開始した」と述べた??萍既請螭瑏护à?。

わずか十數年の発展を経て、中國の高速鉄道は無から有になり、世界最大の高速鉄道網を形成した。その総延長は3萬8000キロメートルを上回り、路線バス化した密な運行體制を次第に形成している。

高速列車技術の完全な國産化を実現するため、2012年より中國基準の高速列車の獨自研究?製造が始まった。2017年には完全に獨自の知的財産権を持つ中國基準の高速列車「復興號」が、時速350キロの商業運営を実現した。これによって中國は世界で高速鉄道の営業速度が最高の國になり、中國の高速鉄道海外進出戦略の実施を力強く支えた。中國で現在配備されている高速列車は3590本で、世界全體の過半數を占めている。

同時に、中國の高速鉄道網の建設が急ピッチで進められている。中國は2020年末時點で「4縦4橫」の高速鉄道メインルートの建設を終えている。高速鉄道の総延長は3萬8000キロメートルにのぼり、世界全體の約69%を占めている。35年までに中國高速鉄道の総延長は7萬キロメートルにのぼり、「8縦8橫」の高速鉄道網を形成する見込みだ。

翟氏は「將來の高速鉄道の発展は速度、効果、省エネ?環境保護、経済性などの技術指標の総合的な向上を重視すべきだ。より高い速度とスマート化は、中國の高速鉄道の今後の発展の2大主要方向だ」と述べた。

いわゆるスマート高速鉄道とは、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、北斗測位、次世代移動通信、人工知能(AI)などの先進技術を採用し、次世代情報技術と高速鉄道技術の集積?融合を通じ、高速鉄道のスマート建設、スマート裝備、スマート運営の技術水準の全面的な向上を実現することを指す。

翟氏は「中國はこのほど開通した京張高速鉄道と京雄高速鉄道は、すでにスマートな列車制御システムを使い自動運転を実現している。これは中國がスマート高速鉄道の時代に向かい邁進していることを示している」と述べた。(編集YF)

「人民網日本語版」2021年5月31日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: