中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
中國疾病予防管理センター長?高福氏に聞く ワクチン接種で疾病負荷を軽減
  ·   2021-05-18  ·  ソース:人民中國
タグ: ワクチン;新型コロナウイルス;社會
印刷

工藤泰志=聞き手

世界保健機関(WHO)は5月7日、中國醫薬集団(シノファーム)製新型コロナウイルスワクチンを緊急使用リストに加え、コロナワクチンの公平な分配のための國際的な枠組み「COVAX(コバックス)」で當該ワクチンを購入できると示した。これは中國の新型コロナワクチンが世界に認められ、世界各國が共に新型コロナから抜け出すために前向きな役割を果たしていることを意味している。

中國外文局(中國國際出版集団)の調整の下で5月9日、中國科學院院士?中國疾病予防管理センター(CDC)長の高福氏は、リモードで日本の民間非営利団體「言論NPO」代表の工藤泰志氏のインタビューを受けた。高福氏は、中國の新型コロナワクチンの開発?接種狀況を紹介し、中國製ワクチンに対する國際社會の関心事を巡って見解を述べた。

明確な目標 確実な方法

――中國は6月末までに國民の40%を占める約5億6000萬人のワクチン接種を目指していますが、この目標は実現できるのでしょうか。もし実現できるなら、具體的にはどういう方法で実現するのでしょうか。

高福 ロックダウンによって武漢でのウイルス制圧を終えた後に、私たちは徹底した対策を実施してきました。一部の地域で、小規模な感染発生があったものの、大流行になったことは一度もありません。そして、実踐で証明されているように、世界の一部の都市ではワクチンの接種率が高いことによって、非常によい効果を得られています。ワクチンは新型コロナを予防する上で非常に有効です。

従って、中國はこれまでの水際対策と國內の感染再発?拡大対策を引き続き徹底していき、ワクチンの接種を推し進めていきます。その結果、必ずこの目標を達成できると見込んでいます。

中國は國土が非常に広く、地域間の発展がアンバランスで不十分であるという実情があります。ワクチン接種が全面的に進められるよう、主に五つの措置を取っています。

――日本のワクチン接種優先順位は、醫療関係者の接種後、高齢者と基礎疾患のある人を優先しています。この優先順位について日中間で何か違いがあるのでしょうか。

高福 中國の接種優先順位は日本と違います。周知の通り、中國は新型コロナ対策を成功裏に進め、厳しい體制で新型コロナの制圧に努めたため、現在は地方レベルの大流行はありません。この狀況を踏まえて、中國では、まず醫療従事者、警備員、稅関のスタッフ、疾病管理予防センターのスタッフなどが最優先で接種を受けました。その後、外食産業の従事者、大學生、イベントのスタッフが接種を受け、その次に高齢者と基礎疾患のある方々が接種を受けました。

――現在、日本では自身がワクチンを接種し、ワクチン接種作業を行える醫療従事者の不足が課題になっています。このような問題を解決するために、中國はどのような対策をとっているのでしょうか。

高福 中國で接種作業を行う醫療従事者とCDCスタッフを確保できたのは、コミュニティー(社區)レベルの現場の方々の努力のおかげです。この1年間余り、大勢のCDCスタッフ、醫療従事者、コミュニティーのスタッフ、ボランティアの方々が末端のコロナ対策の第一線で奮闘してきました。これは中國の新型コロナ対策の獨特なところであり、現在の大規模なワクチン接種の実施に力強い保障を與えています。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: