中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
中國で旅行に最も惜しみなくお金を使うのは1960年代生まれの高齢者
  ·   2021-05-06  ·  ソース:人民網
タグ: 旅行;高齢者;社會
印刷

中國社會科學院財経戦略研究院、中國社會科學院旅游研究センター及び社會科學文獻出版社が共同で発表した観光緑書「2020‐21年中國観光発展分析?予測」によると、中國の60後(1960年代生まれ)のグループがすでに個人旅行の主力消費者層となっており、過去1年の間に、個人旅行の支出が5000元(1元は約16.9円)を超えた60後の割合は23.9%に達した。中國新聞網が報じた。

緑書のスクリーンショット

調査ではメインと追加のアンケート調査の両方を実施し、旅行や旅行の時間、旅行関連の費用に焦點を合わせたメインのアンケート(A)は8686人を対象に実施され、6383人から有効回答を得た。一方、旅行の動機や旅行のハードルになるもの、旅行の際に注目する要素などに焦點を合わせた追加アンケート(B)は8413人を対象に実施され、5837人から有効回答を得た。 

調査では、中國の60後が個人旅行の主力消費者層になっているのに対して、家族旅行の主力消費者層は80後(80年代生まれ)であることが分かった。

調査では、旅行の支出をめぐって、「0元」、「1000元以下」、「1001‐3000元」、「3001‐5000元」、「5001‐8000元」、「8001‐10000元」、「10001‐20000元」、「20001‐40000元」、「40000元以上」の8つの選択肢が設けられた。

調査では、世代によって旅行の支出に差が出る結果となった。まず、個人旅行の支出を見ると、60後が主力で、過去1年間、同グループの23.9%が「5000元以上」を選んだ。また同割合は、70後(70年代生まれ)は20.8%、80後(80年代生まれ)は23.8%、90後(90年代生まれ)は19.4%、、00後(2000年以降生まれ)は7.9%だった。

報告は、「その他の年齢層と比べて、60後は、経済的にも、時間的にもゆとりのある年代で、個人旅行の主力消費者層となっている」と分析している。

一方、家族旅行の消費を見ると、80後が主力消費者層となっており、過去1年間、同グループの46%が「5000元以上」を選んだ。また、23.9%が「1萬元以上」を選んでいた。(編集KN)

「人民網日本語版」2021年5月6日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: