中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
新疆ウイグル自治區 梨農家が授粉にドローンを活用
  ·   2021-04-16  ·  ソース:北京週報
タグ: 新疆;農業;社會
印刷

このほど、新疆維吾爾(ウイグル)自治區巴音郭楞(バインゴリン)蒙古自治州では梨の花が満開となり、授粉のシーズンを迎えた。同自治州鉄門関市にある香梨の農園ではドローンを使った溶液授粉を行っており、この技術によって梨農家は手作業による授粉の手間から解放され、生産効率も大幅に向上した。

中國農業科學院ミツバチ研究所によると、ドローン1機で1時間以內に40ムー(約2.67ヘクタール)の授粉を行うことができ、効率は手作業の50~60倍になる?,F在、授粉にドローンを利用する梨農家がますます多くなっている。(寫真=新華社提供)

鉄門関市にある香梨の農園で、授粉を行うドローン

鉄門関市にある香梨の農園で、ドローンを調整する技術者

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: