中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
深圳に留まることを決めた老人ホーム院長の徐さんの年越し
  ·   2021-02-14  ·  ソース:北京週報
タグ: 春節;帰省;社會
印刷

安徽省淮北市出身の徐巖巖さんは深圳市竜華區晩晴苑老人ホームで院長を務めており、全國各地から來院した100人以上のお年寄りを同僚たちと世話している。新型コロナウイルス感染癥からお年寄りの健康を守り、感染のリスクを減らすため、こちらの老人ホームでは現在、封鎖式管理を行っている。家族と一緒に春節(舊正月、今年は2月12日)を過ごせないお年寄りにより行き屆いたケアをするため、また政府による今いるところでの年越しの呼びかけに応じて、徐さんは今年、夫と5歳の子供とともに深圳市に留まり年越しをすることにした。

これは2009年から深圳市で働き始めた徐さんにとって、初となる帰省をしない年越しだ。深圳市で暮らしているとはいえ、これまでの春節は必ず時間を作って帰省をし、両親と過ごしていた?!竵I親に帰省できないと伝えた時、少しがっかりしていましたが、私が決めたことを理解してくれました」と徐さんは語る。

今年、深圳市では1600萬人以上が現地に留まり年越しをすると見込まれており、竜華區では帰省をしない人々のためにデジタル人民元の紅包(ご祝儀)が當たる抽選イベントを開催し、徐さんは幸運にも當選者の1人となった。この幸運をより多くの人々と分かち合うため、彼女は賞金のデジタル人民元でスナックや牛乳を購入し、老人ホームのお年寄りやスタッフに配った。

「帰省できず両親と一緒に過ごせなくても、ここにはお年寄りや同僚たちがいて、私の家族のようなものです。私はお年寄りと觸れ合うのが好きなので、一緒によい新年を迎えられるよう願っています」と徐さんは語った。(寫真=新華社提供)

深圳市竜華區のスーパーで食品を購入する徐さん

1234次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: