中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 社會 >> 本文
  • descriptiondescription
脅威のスピードと高さ誇る世界唯一の「ビル建設の神器」を海外ネットも絶賛!
  ·   2019-12-10  ·  ソース:人民網
タグ: 建築;SNS;社會
印刷

新華社が先ごろ海外のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で発表した動畫が話題になっている??萍既請螭瑏护à?。

この動畫には、「巨大な図體」ながらも機敏な動きを見せる建機が高所で作業をし、ビルを建設しながら自動で上へと昇っていく様子が映っている。

この建機は現在世界で唯一の「回転式クライミングクレーン」だ。

中國建築第三工程局有限公司が獨自に設計?開発し、獨自の知的財産権を有する超高層建築スマート化施工設備を集積したプラットフォームとなっている。

建設スピードが速く、高所まで昇ることができるため、そのイメージから「空中ビル建設マシン」と呼ばれている。その出現により、中國の超高層建築の建設能力は大幅に向上した。

報道によると、このプラットフォームは360度自由に回転することができ、千トンクラスの荷重と、百トンクラスの縦方向剪斷力に耐えることが可能で、さらに工事の進捗狀況に合わせてリフトアップすることもできる。その作業効率は従來のタワークレーンより約30%向上しているだけでなく、施工安全係數と設備の耐用年數も大幅に向上し、建設廃棄物や施工による汚染も効果的に減少させている。

このプラットフォームは最大で4基のタワークレーンを設置でき、吊り上げの必要性に応じて各種クレーンを合理的に配置し、複數のタワークレーンを全體的に、連続で、スピーディーかつ安全にリフトアップすることができる。

現在、この「空中ビル建築マシン」はすでに複數の超高層建築の建設に応用されている。

北京一の高さを誇るビル「中國尊」建設プロジェクトで建設執行チーフエンジニアを務めた許立山氏はかつて、「『空中ビル建設マシン』を使ったことで、中國尊の工期は20%短縮された。これがなければ、中國尊をわずか5年で計畫通りに完成させることは不可能だった」と語っている。

これほど高効率の「ビル建設の神器」を目の當たりにした海外のネットユーザーからも、続々と稱賛のコメントが寄せられている。

「視野が広がった!」

「中國はインフラ建設のスーパーパワーだ」

「中國は未來の新技術をリードしていくだろう」

「中國は獨自に研究開発した新しい技術と設備、マテリアルで、人類発展の各方面において強大な実力を示している。しかもこの國は世界に対して友好的だ。本當にすごい!」 (編集AK)

「人民網日本語版」2019年12月10日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: