中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
「ワンアジアフェスティバル2021」が東京で開催 音楽が中日民間交流を促進
  ·   2021-04-13  ·  ソース:人民網
タグ: 音楽;アジア;中日交流
印刷
4月10日と11日に東京都豊島區で開催された「ワンアジアフェスティバル2021」(撮影?李沐航)。

アジアの音楽交流イベント「ワンアジアフェスティバル2021」が今月10日と11日の両日、東京都豊島區で開催。中國や日本、韓國、ラオスなど6ヶ國から參加したアーティストが歌やダンス、四川省の伝統蕓能「変臉」、二胡など、35のプログラムを披露した。10日午後の最後のプログラムでは、香港地區の人気ロックバンド?BEYONDの元ドラマーである葉世榮(ウイング)がリモートライブを披露。東京の華僑、華人に北京からメッセージを送ったほか、名曲も歌い、會場ではファンらが圧巻のスペシャルパフォーマンスをカメラに収めていた。人民網が報じた。

こうしたパフォーマンスに加え、會場內にはインドやマレーシア、ベトナムなどを代表する料理を扱うブースも設置された。會場は池袋西口公園野外劇場に設置されていたため、パフォーマンスやグルメを楽しもうとする多くの人ですぐに賑わった。新型コロナウイルス対策を徹底するために、主催者は入り口に検溫エリアや消毒液を設置。観客席は十分な間隔を空けて鑑賞するよう対策が講じられたほか、グルメブース前のテーブルにはアクリル板が設置されていた。主催者は、新型コロナウイルス対策を徹底し、來場者に目と舌で楽しめる祭典を提供した。

「ワンアジアフェスティバル」の様子をカメラに収める來場者(撮影?李沐航)。

長年中日友好交流事業に従事しているワンアジアフェスティバル実行委員會の秋山岳久委員長は、人民網の取材に対して、「私はBEYONDをはじめ、中國のたくさんの素晴らしいアーティストを知っているが、それらのアーティストを日本人は知らない。日本人にもっと多くの中國の音楽を知ってほしい、そしてアジア全體の音楽や文化を伝えたい。その思いで日本で案アジアフェスティバルを開催した」と語った。

秋山委員長によると、2015年に、在日本中國大使館のサポートの下、アジアフェスティバルを開催。その時に、中國の京劇などの伝統蕓術を紹介し、多くの日本人が中國の魅力あふれる文化に觸れることができたという?!敢魳S文化を通じて、日本人が中國を理解することはとても重要。民間交流において音楽による相互理解はとても重要な役割を果たすと思った。この會場は池袋駅から徒歩1分の立地。日本人が無料でこのように中國の音楽を聴く場は今までなかった。有料のホールや、地方都市ではなく、東京の真ん中で中國の音楽を伝える場を作ることは、日本の大衆に中國を伝えるためには最も有効な手段だ」と秋山委員長。

さらに、今後の計畫について、「今回は中國大使館と中國文化センターの後援を得てイベントを開催した。しかし、このイベントは1回で終わらせてはいけない。毎年毎年開催されることで、日本人にもっと奧深い中國のエンターテインメントを伝えることができると思う」とし、最後に「私は長い間中國にお世話になってきた。このイベントは中國に対する恩返し。そして多くの日本人に中國の音楽文化を伝えることが両國の相互理解につながり、真の日中交流となると信じている」と語った。

人民網の取材に応じるワンアジアフェスティバル実行委員會の秋山岳久委員長(撮影?李沐航)。

今回のイベントは、ワンアジアフェスティバル実行委員會が主催、在日本中國大使館、外務省、豊島區、中國文化センター、一般財団法人日本アジア共同體文化協力機構の後援で開催された。(編集KN)

「人民網日本語版」2021年4月13日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: