中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
北京で浮世絵の展覧會が開催 「神奈川沖浪裏」など約100點を展示
本誌記者?李一凡  ·   2021-03-29  ·  ソース:北京週報
タグ: 浮世絵;北京;中日交流
印刷

中國文物交流センターと北京中創文旅文化産業集団の共同主催による「遇見浮世?博覧江戸 江戸時代浮世絵原版珍蔵展」がこのほど、北京の今日美術館で開幕した?!干衲未_浪裏」や「凱風快晴」など原版摺りの浮世絵約100點が展示されている。

今日美術館で「神奈川沖浪裏」を撮影する來場者(撮影?李一凡)

同展では江戸の都市文化を切り口として「入城」「入室」「入魂」という3つのパートに分け、「入城」では江戸の全容、「入室」では江戸の庶民生活、また「入魂」では日本の妖怪や歴史にまつわる物語を展示している。

今日美術館で浮世絵を鑑賞する來場者(撮影?李一凡)

また、會場には桜の木、茶室などの特設スペースやインタラクティブエリアが設置されており、來場者がさまざまな視點で浮世絵を鑑賞できるよう工夫されている。

特設スペースで記念寫真を撮る來場者(撮影?植野友和)

北京中創文旅の責任者は「本展を通じて多くの來場者が浮世絵のことをより一層知り、日本の民俗文化を體験し、中日両國が持つ『一衣帯水』の文化的つながりを感じてもらいたい」と述べた。

インタラクティブエリアで浮世絵と寫真を撮る來場者(撮影?植野友和)

同展は5月6日まで開催され、5月18日から上海の世博會博物館でも行われるなど、中國各地で巡回展の開催が予定されている。

「北京週報日本語版」2021年3月29日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: