中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
中日文化交流の証である南宋青磁茶碗「馬蝗絆」を青年陶蕓家が再現
  ·   2020-05-23  ·  ソース:人民網
タグ: 文化;陶蕓;中日交流
印刷
5月7日、浙江省麗水市龍泉市蘭巨郷のアトリエで、磁器素地を伸ばして復刻版「馬蝗絆」を制作する劉傑さん(撮影?翁忻暘)。

浙江省麗水市龍泉市に住む青年陶蕓家の劉傑さんは、南宋時代に龍泉窯で焼かれた後日本に伝わり、青磁茶碗を代表する優品とされる「馬蝗絆」の再現に2019年から取り組んでいる?!格R蝗絆」が中國で展示されたことをきっかけに、劉さんは北京故宮と浙江博物館で展示されたこの茶碗を至近距離から観察し、さまざまな専門家に教えを請い、器の形や色付けを繰り返し研究し、龍泉現地の紫金土を用いて「鎹(かすがい:尖った先端部が2つある釘)」を制作し、「馬蝗絆」の風格と趣を出すよう盡力した。劉さんは、「『馬蝗絆』は、中日文化交流の証といえる。私は何としても、その風采や文化的エッセンスを描き出し、古人の『匠』の心を再現したい」と話した。新華網が伝えた。

2019年12月7日、浙江博物館で展示された南宋青磁茶碗「馬蝗絆」を撮影する劉傑さん(寫真左、撮影?翁忻暘)。

「馬蝗絆」は、龍泉窯で焼かれた青磁茶碗で、南宋時代に日本に渡った。明代にひび割れが生じたため、中國に送り返され、代わりを求めたが、明代の中國ではもはやこれに代わる名品は作れないとして、磁器職人によって6個の鎹で修理を施され、日本に返送された?,F在は東京國立博物館に収蔵されている。2019年、「馬蝗絆」は、北京故宮と浙江博物館で開催された「天下の龍泉?龍泉青磁とグローバル化」で展示された。(編集KM)

「人民網日本語版」2020年5月19日

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: