中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
飯塚容氏「日中は東洋文化へのアイデンティティと自尊心を取り戻すべき」
  ·   2018-09-27  ·  ソース:
タグ: 文化;改革開放;中日交流
印刷

日本において著名な中國文學者であり、中央大學文學部の教授でもある飯塚容氏は、大學在學時代から中國文學の翻訳を始め、これまでに余華氏、鉄凝氏、蘇童氏といった中國の作家40人以上の80作品以上を翻訳し、日本における中國文化のPRという面で多大な貢獻をしてきた。このほど飯塚氏は人民網の取材に応じ、その翻訳作品や1978年から始まり、今年ちょうど40周年を迎えた中國の改革開放に対する見方、日本における中國文學の現狀などについて語った。人民網が伝えた。

改革開放から40年 時代と共に発展し続ける中國文學

飯塚氏は1983年に魯迅研究者代表団の一員として中國を初めて訪問し、上海、南京、紹興の3都市を巡った。その後、1984年に、個人旅行で中國を訪問したが、當時の中國は交通の便が非常に悪く、現在と比べると雲泥の差だったと振り返る。

飯塚氏が最も印象深く感じていることの一つに、中國が改革開放を進めていくようになってからというもの、中日間の通信や連絡がどんどん便利になっていった點を挙げている。文學の翻訳作業を進める上で中國の作家と連絡を取る必要が生じた場合、當初は手紙のやり取りでしか連絡を取ることができなかったという。しかし1991年になって余華氏と初めて連絡を取った時は、初めてエアメールを使えることができたことを今もはっきりと覚えているという。その後、それは瞬く間に電子メールがとって代わり、現在ではほとんどの連絡を微信(Wechat)で取るようになっているため、翻訳作業を進める上で何か問題が生じてもすぐに解決することができ、作業効率が大幅に向上したという。

飯塚氏は、中國が改革開放を進めたこの40年間において、中國文學にも大きな変化が生じたと感じている。なかでも最も顕著な変化として、飯塚氏は「個人化傾向」と「市場化傾向」を挙げる。中國の昔の作家の作品は、國家や歴史、民族など、大きな命題のグランド? ナレーティブばかりだった。一方、今の若手作家は、個人の日常生活、時には非常に身近な小さな出來事に注目するようになっている。ただ、健全な市場環境は文學の発展を推進しているものの、一部の作家や出版業者は、商業利益をあまりにも重視しているため、文學としての従來あるべき姿を失い、非常に殘念に感じさせる狀況が見られるとしている。

改革開放から40年 日本人の中國に対する認識にも変化

飯塚氏によると、日本ではこれまでに2度、中國現代文學ブームが起きている。1度目は敗戦後間もない1950年代で、2度目は改革開放後間もない80年代だった。當時、ほとんどの日本人が現代中國文化の動向に関心を示し、中國文學が活発に日本語に翻訳されて出版されていた?!钢袊膶Wは當時、日本における『黃金時代』を迎えていた」と飯塚氏。しかし、現在の日本人は、以前ほど中國文學に対して興味を示さなくなっている。その理由について、飯塚氏は、「たくさんの理由があるが、大きな理由の一つは、日本の出版界が全體的に不景気で、そのような狀況下では、文學、特に外國文學の翻訳や出版が以前より難しくなった點」と分析する。

中日両國の相互交流と學習を重視すべき

中國作家協會は2010年から、2年に1度、「中國文學者文學翻訳國際セミナー」を開催している。同セミナーは、世界各國の翻訳家が交流したり、翻訳家が中國の作家と交流するプラットフォームとなっている。飯塚氏は今年8月に中國の貴州省貴陽市で開催された第5回セミナーを含めて、同セミナーに毎回參加している。それ以外にも飯塚氏は、中國文化部(省)が開催する「中國文學者?中國と海外の文化交流座談會」や中國出版集団が開催する「中國文化國際PRフォーラム」などにも參加したことがある?!袱饯欷楗ぅ佶螗趣摔洗螭室饬xがあり、中國文學が海外進出するうえで一定の役割を果たしているため、どんどん開催すべきだ」と飯塚氏。

飯塚氏は中國であっても、日本であっても、今の人々は歐米諸國との文化交流を重視し、中日両國の相互交流や相互學習がないがしろにされていると感じており、このような現象に寂しささえ感じるという。中日間には長い文化交流の歴史があり、共通の価値観や文化的遺伝子をもち、両國は相互學習する過程で目覚ましい進歩を遂げてきた。そのため、飯塚氏は、「西洋文化を一心に追いかけるより、日中両國は互いに相手のメリットに目を向け、東洋人に合った美的理念や表現方法を見つけて、東洋文化に対するアイデンティティや自尊心を取り戻さなければならない」と指摘する。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: