中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
日本人から見た魯迅
  ·   2016-10-21  ·  ソース:
タグ: 日本人;魯迅;中日交流
印刷

今月19日、中華民國の小説家、思想家である魯迅(ろじん)が亡くなって丸80年を迎えた。魯迅の「聲」は、今日に至るまで、各世代の人の心に響き続けている。中國だけでなく、日本も魯迅の遺産を非常に重視しており、日本語へ翻訳された作品や関連の研究が非常に多く、その作品は中學校や高校の教科書にも盛り込まれ、広く読まれている。また、魯迅が日本に留學していた當時の遺跡も大切に記念として保存されている。北京青年報が報じた。

中國社會科學院文學所の研究員である董炳月さんは、1994年に日本へ留學し、98年に東京大學で文學博士の學位を取得した。董さんは長年、魯迅や日本の思想に関する研究に攜わっており、魯迅の研究をしている日本の著名な學者とも深いかかわりを持つ。筆者は今回、そんな董さんを取材し、「日本人から見た魯迅」について聞いた。

魯迅は日本の「國民的作家」

Q:以前「魯迅は日本の『國民的作家』と言われていたが、日本人はなぜこれほど魯迅を重視しているのか?」

A:それは、魯迅が飛躍するうえで、日本は大きな役割を果たしたから。日本の多くの學者もこの點をよく理解している。1930年代初め、京都大學の漢學家?倉石武四郎氏が魯迅の短編小説集「吶喊( とっかん)」を中國語の教材にしていた。32年、著名な作家?佐藤春夫が訳した魯迅の短編小説「故郷」が雑誌「中央公論」に掲載された。當時、日本では翻訳された魯迅の作品が大人気となっていたため、魯迅が亡くなって1年もしないうちに、改造社が「大魯迅全集」(全7巻)を出版した。中國で初の「魯迅全集」が出版される1年も前のことだ。第二次世界大戦後、中國文學者?竹內好などが翻訳と研究を進め、魯迅はさらに広く知られるようになった。50年代初めから今に至るまで、魯迅の「故郷」は日本の國語の教科書に採用され続けている。つまり、中學校?高校に通った日本人は、誰でも魯迅の作品を読んだことがあるのだ。日本人は魯迅の作品を通して中國の姿を見て、中國に対するイメージを作る。また、魯迅の作品を通して、転換期の日本社會と日本人を知ることもできる。

魯迅からインスピレーション得る日本の作家

Q:董さんの著作「魯迅形影」では、魯迅を主人公とした日本人作家の文學作品にも言及しているが、具體的にはどのような狀況なのか?日本人作家は魯迅に対してどんなイメージを抱いているのか?

A:日本では、魯迅をテーマにしたり、魯迅を主人公とした作品がたくさんある。私が読んだことのある作品だけでいうなら、以下の3冊は注目に値する。

まず、太宰治の長編小説「惜別」で、青年の頃の魯迅とその恩師?藤野先生の物語が描かれている。太宰治が知っていた、魯迅が仙臺にいた頃についての話は、當時の日本の政府にとっては喜ばしい內容ではなかった。その中では、太宰治自身が知っている青年?魯迅が描かれていると同時に、日本政府の軍國主義意識の形態が、間接的に風刺されている。

次に、霜川遠志の戯曲「魯迅伝」で、50年代から70年代に日本全國各地の中學?高校で巡演され、大きな影響を與えた。この作品の最大の特徴は、魯迅を徹底的に普通の人として描いている點で、その観點から魯迅の本質を理解しようとしており、フィクションである魯迅と革命家?秋瑾の戀愛まで描かれている。

最後に、著名な劇作家?井上ひさしの戯曲「シャンハイムーン」で、魯迅が避難生活を送っていた1934年8月から9月までの約1ヶ月間に、日本人の醫師が魯迅の治療をしてくれる物語を描いている。井上ひさしには、魯迅と『対話』するという強い意思が感じられ、魯迅を鏡として自分を照らし、自分の価値観を表現している。魯迅の価値観には反対の立場を示している。しかし、「反対」とは言っても、魯迅を否定しているわけではなく、対話を通して、魯迅の観念とは全く逆の観念を示し、より奧深い魯迅を演出している。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: