中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
働く「95後」は経済的に自立しているか?
  ·   2021-06-08  ·  ソース:人民網
タグ: 若者;収入;経済
印刷

常に「消費の新勢力」の象徴とされている結婚?出産適齢期にある「95後(1995年から1999年生まれ)」は、働き始めた人が多いものの、まだ実家からの経済的支援に頼る人も少なくない。次世代を産み育てる準備をするか、まずは自分のことを優先するかが、働く「95後」が選択を迫られる問題になりつつある。ヒューマンリソースサービス企業の前程無憂はこのほど働く「95後」を対象に経済的自立の狀況について調査し、2日「働く『95後』の経済的自立狀況調査報告」を発表した?!副本┤請蟆攻ⅴ抓辘瑏护à?。

調査には働く「95後」數千人が回答し、そのうち過半數が年収5萬-10萬元(1元は約17.2円)、25%が10萬元以上だった。ほとんどの「95後」が働き始めて5年未満であることを考えると、「95後」の収入は「90後(1990年代生まれ)」を明らかに上回っている。

一般的に働き始めるということは経済的に自立するということを意味するが、今回の調査からわかったのは、働く「95後」は出費が多く、ほとんどの人が実家に送金する必要はなく、逆に実家から定期的あるいは不定期に援助を受けている人がかなり多かったことだ。家庭から見れば、學校を卒業して働き始めたからといって子ども世代が完全に獨立したわけではない。両親から一定の経済的支援を受けて初めて、働き始めた「95後」は最初の數年間は一定の生活レベルを維持することができる。

同報告は、両親からの経済的支援に頼る働く「95後」は、親からもらったお金を主に衣食住?交通の「住」に充てるので、賃貸不動産市場では若者が主要ターゲットになる。

働く「95後」の18%が學習や自分探しを続けるために実家からの経済的支援を受ける?!?5後」の多くが働き始めてからもっと高い學歴や証明書がなければ抜きん出ることはできないと悟り、職場よりキャンパスの方が自分に合っていると考える人もいて、仕事を辭めて進學する人の割合が増加している。

働く「95後」の15%が、「社會に出た後も実家から定期的に小遣いをもらう」と答えたことが注目される。また57%が、「今のところ借金はない」と答え、そのうち3分の1は「貯金もない」という。収入の高さが借金があるかどうかを決める。年収が20萬元以上の人で「借金がある」は6%にとどまった一方、「実家からお金をもらったことはない」は65%に上った。

年収10萬-20元の働く「95後」のうち、「現在借金がある」は11%だった。年収10萬元以下では「21%」で、約半數の46%が「借金もないが貯金もない」と答えた。

金融ツールが消費をより一層便利で簡単にしており、働く「95後」のうち64%が「分割払いをしたことがある」と答え、32%が「ローンを利用したことがある(不動産ローンを含まない)」と答えた。(編集KS)

「人民網日本語版」2021年6月7日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: