中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
厳格なコロナ対策のもとで取扱量が増え続ける新疆ウイグル自治區のホルゴス通関地
本誌記者?李芳芳  ·   2021-06-03  ·  ソース:北京週報
タグ: 新疆;中歐班列;経済
印刷

新型コロナウイルス感染癥が世界で感染拡大を続ける中、新疆維吾爾(ウイグル)自治區の霍爾果斯(ホルゴス)通関地では、中國?カザフスタン間の主な陸上貿易ルートとしてスムーズな物流が保たれている。 

「中國とカザフスタンは信頼し合い、お互いの車両を封印して錠をかけることで、両國のドライバーは車を降りたり接觸したりすることがなく、感染癥対策をしっかりと行っています」とホルゴス鉄道通関地の徐渡軍副駅長は本誌記者に語った。

ホルゴス鉄道通関地の様子(寫真=本誌李芳芳記者)

「一帯一路」構想の後押しにより、ホルゴス通関地では輸出のための列車運行本數が急増している。今年第1四半期、この地を通過する國際定期貨物列車「中歐班列」、中國と中央アジアを結ぶ「中亜班列」の運行本數は前年同期比76.9%増の1493本となり、貨物輸送量は前年同期比103.9%増の200萬4000トンに達した。 

「『中歐班列』が運行開始した2016年、通過する列車數は1日に多くても8本でしたが、現在は40~48本に増加しました」と徐副駅長は語る。その中には十數回にわたって周辺諸國に送られた醫療設備などの防疫物資も含まれている。 

ホルゴス通関地は道路、鉄道、パイプライン、航空、光ファイバーケーブル、郵便が一體化した交通ターミナルであり、総合的かつ多機能な通関地だ。ホルゴスは1881年には早くも中國とロシアの正式的な通商地となり、中國で最も早くヨーロッパに開放された陸路通関地でもある。中華人民共和國成立後、1983年11月16日に中國と舊ソ連のカザフスタンを結ぶホルゴス道路通関地が設立され、1992年8月から第三國にも開放された。そして2012年12月にはホルゴス鉄道通関地で列車の運行が始まり、中國最大の通年運行する鉄道旅客?貨物通関地となった。 

通関地のサービス向上と関連優遇政策はこの地に中國各地の企業家による投資も呼び込んでいる。金億集団の于成忠董事長は2000年に故郷の河南省を離れてホルゴスで貿易業を始め、2010年に金億國際貿易有限公司を設立し、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの中央アジア5カ國やロシアなどに野菜や果物、ナンなどを輸出している。

金億集団の于成忠董事長(寫真=本誌李芳芳記者)

于董事長は、「十數年前、カザフスタンに行く道は舗裝されておらず、通関に3日もかかりましたが、今は高速道路の開通により、ホルゴスからアルマトイまで4時間半しかかかりません。また、ソフト面でも現在は通関手続きがペーパーレス化され、企業はオフィスにいながらすべての通関手続きを行えるようになりました」と語った。さらに、「中歐班列」は企業のコスト削減にも繋がっている。かつてロシアへの日用品輸出は道路輸送のみだったが、「中歐班列」による輸送に切り替えたところ、貨車當たりの輸送?通関などのコストは1萬ドル減少したという。 

中國の経済発展に長年関心を持つイギリスのパーキンス?リー記者は、新型コロナウイルス感染癥で海上輸送コストが激増すると同時に陸路輸送のメリットが目立つようになり、「中歐班列」はその中で重要な役割を果たし、新疆ウイグル自治區の経済発展にも大きく役立っているとし、「新疆ウイグル自治區の経済発展には非常に大きな潛在力があります」と語った。

「北京週報日本語版」2021年6月3日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: