中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
IMF「今後5年間、中國のグローバル経済への寄與度は25%以上に」
  ·   2021-06-01  ·  ソース:人民網
タグ: グローバル経済;中國経済;経済
印刷

國際通貨基金(IMF)のクリスタリナ?ゲオルギエバ専務理事は29日、國際金融フォーラム2021年春期會合に出席した際、「新型コロナウイルスワクチンの接種が秩序よく推進され、グローバル経済の成長の見通しは改善しつつある。予測では、今後5年間、グローバル経済の成長に対する中國の平均寄與度は25%を超えるとみられる」と述べた。中國新聞社が伝えた。

ゲオルギエバ氏によると、IMFは2021年と2022年のグローバル経済成長率予測値を6%と4.4%にそれぞれ引き上げた。人々が徐々に新しい働き方に慣れ、ワクチン接種の範囲も拡大を続けるとともに、各國も引き続き政策による支援を行なって、経済成長の見通しが改善しつつあるからだという。

ゲオルギエバ氏は、「これまでの規模をはるかに上回る政策措置により、グローバル経済はより悪い結果を回避することができた。こうした措置が行なわれなかったら、昨年のグローバル経済の縮小レベルは実際の狀況の3倍にもなっただろう」と指摘した。

20年に中國経済は流れに逆らってプラス成長を達成した。ゲオルギエバ氏は、「中國の純輸出が持続的に増加したことから、IMFは今年の中國経済成長率予測値を8.4%に上方修正した。私たちの予測では、現在から2026年まで、グローバル経済の成長に対する中國の平均寄與度は25%を超えるだろう」と述べた。(編集KS)

「人民網日本語版」2021年5月31日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: