中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
「世界で最も疲れる都市」トップ10発表、アジア勢が6都市
  ·   2021-06-01  ·  ソース:人民網
タグ: アジア;都市;経済
印刷

マレーシア紙「ザ?スター」の30日付報道によると、「ライフワークバランスに最も優れた都市2021」と名付けられた研究結果報告がこのほど明らかになり、「世界で最も疲れる都市」ランキングが発表され、トップ10のうち6つをアジアの都市が占めた。同報告は米國のテクノロジー企業Kisiが作成したもので、世界50都市の「労働疲労指數(その都市の正規労働者の1週間の労働時間)」の統計分析により都市をランキング化して並べた。上位に並んだ都市は、正規労働者の週労働時間が國際労働機関(ILO)が提案する基準の40時間を大幅に上回っている?!腑h球時報」が伝えた。

ランキング上位10都市には、香港、シンガポール、バンコク、ブエノスアイレス、ソウル、東京、ヒューストン、クアラルンプール、カルガリー、ロンドンが並んだ。トップの香港は週労働時間がILO基準を29%も上回り、前回のランキングに続き2年連続で1位だった。シンガポールは25.1%上回り、こちらも2年連続の2位。19年に3位だったソウルは今年は5位、かつての「チャンピオン」の東京も5位に後退した。過去3年間にトップ5はやや変化したものの、基本的には「おなじみの都市」たちの順位が入れ替わる狀況だ?!弗铹`クライフバランス指數」のトップ10には、ヘルシンキ、オスロ、チューリヒ、ストックホルム、コペンハーゲン、オタワ、ミュンヘン、バンクーバー、アムステルダム、シドニーが並び、歐州都市が7割を占めた。

Kisiによると、このランキングは「労働の強度」、「機関による支援」、「法律による保護」、「住みやすさ」の4つの次元から、新型コロナウイルス感染癥の前、期間中、後の3段階に期間を區切って、各都市を點數化したもの。同調査は2019年にスタートし、今年で3年目になる。例年と異なり、今回のパンデミックが人々のワークライフバランスに與えた影響を究明するために、研究者は感染癥に関わる重要分野(患者數、封鎖措置がどれくらい厳重だったか、経済的損失)について、より踏み込んだ考察を行なったという。(編集KS)

「人民網日本語版」2021年5月31日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: