中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中國はなぜ英國最大の輸入相手國に飛躍したか?
  ·   2021-05-28  ·  ソース:人民網
タグ: 英國;輸出入;経済
印刷

英國國家統計局が現地時間の25日に発表した最新データによると、2020年第2四半期(4-6月)以來、英國が中國から輸入する商品の數量が他のどの國からの數量も上回っただけでなく、さらに増加を続けている。21年第1四半期(1-3月)には、中國からの輸入商品が英國の輸入量全體に占める割合は16.1%に上り、18年同期に比べて65.6%増加した。同局が1997年に記録を取り始めて以來、中國は初めてドイツを抜いて英國最大の輸入市場になった。中國新聞社が伝えた。

その要因の一部は、中國の新型コロナウイルス感染癥の予防?抑制と経済回復の進展狀況が他國を上回り、中國國內の産業チェーンとサプライチェーンが安定し、他國の工場がたびたび感染癥のため「一時停止」に陥る中でも途切れることなく生産を続けて、海外からの注文に応えられたことにある。中國はサプライ能力の優位性によって、対英輸出で機先を制したと言えるだろう。

また感染癥がたびたびぶり返したため、歐州連合(EU)諸國の経済?貿易の回復に遅れが生じたことと、英國のEU離脫に伴う不確実性によって英國と歐州各國との貿易が目に見えて減少したことも、客観的に見て英國の対中輸入の増加を後押ししたと言える。

中國人民大學歐州問題研究センターの閆瑾執行センター長は、「感染癥の打撃の中、中國は『世界の工場』の優位性を発揮し、『メイド?イン?チャイナ』の強大な強靱性と活力がさらに顕在化した。中國と主要エコノミーとの二國間貿易の規模が緩やかに拡大し、互恵?ウィンウィンの協力の基盤が持続的に強化されており、今後ポストコロナ時代の世界経済回復に原動力を注ぎ込むことになるだろう」との見方を示した。(編集KS)

「人民網日本語版」2021年5月27日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: