中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
旅行需要旺盛で航空券価格上昇 メーデーは一番熱い連休に?
  ·   2021-04-09  ·  ソース:人民網
タグ: 旅行;消費;経済
印刷

今年の春節(舊正月、今年は2月12日)には、多くの人が國の呼びかけに応じて、「今いるところで年越し」をすることになった。このほど終わった清明節(先祖を祭る中國の伝統的な祭日、今年は4月4日)連休には、大勢の人が自由気ままな旅行に出かけた。旅行予約サイトのQunar.Comのデータでは、同連休期間の航空券予約量は2019年同期の1.4倍に増加し、ホテル予約量も同1.5倍に増加した。清明節連休に人々の旅行意欲がこれほど高まったため、まもなくやって來る「メーデー」(5月1日)連休はどんな狀況になるのだろうか?!镐E江晩報」が伝えた。

旅行予約サイトの攜程旅行網(Ctrip)がまとめたデータを見ると、5月1-5日の中國國內の出発?到著空港の検索件數が20年同期に比べて5倍以上増加した。このうち三亜、西安、重慶、成都が人気旅行目的地としてかつてないほど注目を集め、到著空港の検索件數では、三亜が1000%、西安が779%、重慶が665%、成都が550%と、それぞれ増加した。4月30日-5月1日の出発、行き先が杭州の航空券の予約量は19年同期の151%になった。

旅行業界関係者は、「春節後初の小型連休として、清明節連休には消費者のこれまで押さえつけられていた旅行、帰省、親族訪問などのニーズが顕在化した。業界にとっては、目下の旅行市場の活況は今後の回復に向けてさらにカンフル剤を打ち込んだことになり、これからやって來るメーデー連休はもしかしたら『史上最も熱い連休』になるかもしれない」と述べた。

攜程研究院戦略研究センターの張致寧副センター長は、「今年は中國が新型コロナウイルス感染癥の常態化した予防?抑制段階に入ってから2回目のメーデー連休だ。昨年のメーデー連休旅行市場の狀況を振り返ると、中國國內旅行市場の受け入れ人數と観光収入はともに回復し、19年同期に比べて人數は53.5%増加、収入は36.7%増加した。國內の感染癥狀況が引き続き安定の中で好転するのに伴って、現地旅行と近場旅行の市場が引き続き旺盛な成長の勢いをみせると予想される。交通手段を見ると、ドライブ旅行が引き続き人々の人気の選択肢となっている。市場を細分化してみると、プライベートツアー、高級ホテル宿泊などの高品質旅行商品が今後も人々が真っ先に選ぶ旅行の選択肢になる見込みだ」との見方を示した。

感染癥により、ここ半年ほどは、中國國內航空路線のエコノミークラス航空券の平均価格が19年に比べて23%値下がりしていた。今年のメーデー連休には、人々の旅行への意欲が高まり、ニーズが旺盛であることから、人気路線の価格は力強く反転上昇するとみられる?,F在、メーデー連休期間の國內線エコノミー平均価格は19年比で11%前後値上がりし、一部の人気路線は値上がり幅が50%に迫っている。(編集KS)

「人民網日本語版」2021年4月8日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: