中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
もうじき第14次五カ年計畫 中國経済の「重大任務」とは?
  ·   2020-12-02  ·  ソース:人民網
タグ: 五カ年計畫;中國経済;経済
印刷

第13次五カ年計畫が終わりに近づき、第14次五カ年計畫がもうじきやってくる。これからの5年間、中國経済にはどのような「重大任務」があるだろうか。

清華大學が主催し、同大の中國発展計畫研究院と地域発展研究院が実施した第2回中國発展計畫フォーラムが28日に北京で開催され、出席した多くの専門家がこの問題に答えを出した。

新たな発展局面の基礎を構築

國內の大きな循環を主體としつつ、國內と國外の2つの循環が相互に作用し合う新たな発展局面を構築する。これが中國の上層部が目下の國內外の新情勢を踏まえて打ち出した重大な戦略的決定だ。新たな局面をどうやって構築すればよいだろうか。

中國人民政治協商會議全國委員會経済委員會の副主任を務める清華大學中國発展計畫研究院の楊偉民院長は、「中國が2035年までに経済規模または一人あたり平均所得の倍増を達成するのには條件がある。潛在的な條件を現実の成長に転換するには、既存の需給局面、需要局面、分配局面、生産局面、技術局面、開放局面などを構築または最適化しなければならない」との見方を示す。

楊氏は、「このためには3つのキーワードを押さえる必要がある。1つ目は『局面』で、中國経済の生産、分配、需要、技術などの基本的局面を最適化する必要がある。2つ目は『循環』で、國內の生産、分配、需要およびこれらの間の循環をスムーズにし、つまりを取り除き、滯りを解消する必要がある。3つ目は『開放』で、國內の循環を主體としつつ、輸出入の數量を減らすのではなく、引き続き世界の工場の役割をしっかり果たし、世界の市場の役割もしっかり擔わなければならない」と述べた。

國家発展改革委員會の元副主任で清華大學中國発展計畫研究院管理委員會の朱之■(品の口が金)會長は、「體系的な計畫配置と対応によって新たな発展局面の構築を促進する必要がある。たとえば産業の配置では、イノベーションの中核としての位置づけをどのように際立たせ、産業の基礎的能力と産業チェーンのレベル向上をどのように牽引するかを考える必要がある。地域の配置では、どのようにして市場の可能性を開拓し、市場のポテンシャルを発揮させ、各エリアがよりよく主體機能エリアの要求を踏まえて発展を模索するようにするかを模索する必要がある」と述べた。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: