中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
人民元レートが急上昇したのはなぜ?
  ·   2020-09-04  ·  ソース:人民網
タグ: 人民元;両替;経済
印刷

數ヶ月前に人民元を米ドルに両替した人は、ここ數日は悔やんでも悔やみきれない気持ちかもしれない。というのも、ここ數日は人民元が値上がりし続ける一方で、ドルが値下がりしているからだ。(現在、1元は約15.6円、1ドルは約106.2円)中國新聞網アプリが伝えた。

5月29日の人民元の対ドルレート基準値は1ドル7.1316元だったが、9月2日には6.8376元になった。7.1316から6.8376への変化は何を意味するかというと、たとえば5萬ドルに換金する場合、5月29日には35萬6580元が必要だったが、今なら34萬1880元でよく、1萬4700元の「節約」になるということだ。

データをみると、人民元の対ドルレート基準値はすでにここ1年余りにおける高水準に達している。

中國人民銀行(中央銀行)が権限を授與した中國外貨取引センターの発表によると、2020年9月2日の銀行間外國為替市場の人民元対ドルレート基準値は1ドル6.8376元で、前取引日より122ベーシスポイント(bp)上昇した?;鶞蕚帳悉工扦?日連続で上昇しており、19年5月14日の1ドル6.8365元以來の最高を更新した。

取材に答えた専門家は、人民元レート上昇の主な原因として次の3點を挙げた。

1つ目は米ドル指數の低下だ。

一般的に、ドル指數の強弱は人民元をはじめとする非米ドル通貨と逆の関係にある。

ドルが強ければ他が弱くなり、ドルが弱ければ他が強くなる。

データをみると、今年5月下旬以降、ドル指數は低下傾向が始まり、最近はさらに低下して92を割り込み、18年5月初旬以降の最低を更新した。

中國民生銀行の溫彬首席研究員は、「米連邦準備制度理事會(FRB)が極めて大量の資金を注入したため、市場に米ドル下落の予想が広がる中、米ドル指數が低下を続け、人民元を含む非米ドル通貨が値上がりする流れになった」と述べた。

中信証券固定収益部門の首席アナリストである明明氏は、「FRBは新型コロナウイルス感染癥が発生して以來、かつてない大規模な金融緩和政策を打ち出したと同時に、金融政策の枠組みを調整し、『平均インフレ目標』を導入した。7月には、それまで低く抑えられてきた米國債権の利回りがさらに低下したと同時に、ドル指數も「ドル不足」が終わった後の次なる著しい低下傾向が始まった」と述べた。

2つ目は中國経済の基本面の持続的改善だ。

溫氏は、「中國は感染癥の予防?抑制で目に見える成果を上げ、中國経済も持続的に回復?改善し、主要経済指標は徐々に好転し、第2四半期(4-6月)の中國はプラス成長を実現した唯一の主要エコノミーになった。このことは人民元にとって力強い支えになる」と述べた。

國家統計局のデータでは、7月の中國経済は引き続き安定に向かい、回復を続け、中でも同月の商品小売売上高増加率は今年初めてマイナスからプラスに転じ、輸出増加率は2けたに達した。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: