中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
大學入試シーズン到來 感染癥でも安心なホテルが人気
  ·   2020-07-02  ·  ソース:人民網
タグ: 入試;ホテル;経済
印刷

新型コロナウイルス感染癥の影響を受けて、今年の大學受験は7月7-9日に延期された。試験會場の情報はまだ公開されていないが、複數のオンライン旅行予約プラットフォームのビッグデータをみると、最近は全國複數の都市の中學?高校やその他の例年の試験會場の近くにあるホテルの検索件數が急速に増加し、一線都市以外の都市でのニーズが一線都市よりも高く、「受験生向けルーム」の価格が流れに逆らって上昇していることがわかる?!副本┤請蟆工瑏护à?。

「感染癥でも安心なホテル」の価格が流れに逆らって上昇

2020年の全國大學入試の受験者數は1071萬人に達して、前年比40萬人増加する見込みだ。感染癥の影響で、受験生用ルームの人気は昨年よりは低下したが、部屋の安全性に対するニーズが高まり、各試験會場周辺の「感染癥でも安心なホテル」の価格は流れに逆らって上昇している。

Qunar.Comのデータでは、今年7月6-10日の期間に、北京市の各試験會場周辺のホテル価格が前年同期比30%上昇しており、中には50%上昇したところもある。

ホテルのタイプをみると、感染癥の影響で今年は試験日が7月に延期され、気溫が高くなるため、「獨立したエアコンを備えた部屋」があるなどより高い安全基準を満たした「感染癥でも安心なホテル」が多くの親たちの第一の選択肢となり、予約率90%を超えた。

「時間貸しルーム」の検索件數が増加

移動時間を減らすため、親たちの多くが「時間貸しルーム」を利用して受験生の我が子に晝の休憩を取らせようとしている。Qunar.Comのデータでは、大學受験期間の時間貸しルームの検索件數は6月末の17倍に急増し、「大學受験向け時間貸しルーム」の検索件數上位5都市は成都、重慶、上海、杭州、鄭州だ。

同程旅行の受験生向けルームの検索狀況をみると、同ルームの約70%は利用開始日が7月6-8日に集中し、6日が最も多く、試験當日の1-2日前にホテルに入る受験生が例年よりも多い。

非一線都市の予約熱がより高い

同程旅行プラットフォームでの利用開始日が7月6-9日の試験會場周辺にあるホテルの検索件數をみると、上位10都市は南昌、南京、貴陽、六盤水、重慶、成都、昆明、上海、西安、北京となっている。

同プラットフォームのホテル事業群の関係責任者は、「統計データをみると、6月には重點都市の毎年人気がある試験會場周辺のホテルの検索件數が5月に比べて大幅に増加し、一部の都市(たとえば南京、西安など)の検索件數は20倍から30倍ほど増加した」と説明した。

民泊施設が人気を集めた昨年と異なり、今年の受験生向けルームの予約ではミドルクラス?ハイクラスのホテルも人気のタイプとなっている。Qunar.Comのデータによると、今年の受験シーズンには、試験會場から3キロメートル以內にあるホテルの予約件數の6割を4つ星以上のホテルが占めるという。(編集KS)

「人民網日本語版」2020年7月1日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860

中國語辭書: