中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中國14省區市の1-9月GDP発表 北京上海の可処分所得5萬元超
  ·   2019-10-23  ·  ソース:人民網
タグ: GDP;所得;経済
印刷

最近、各地が2019年第3四半期の経済狀況を続々発表している。概算統計によると、10月21日現在、少なくとも14省?自治區?直轄市が同期の國內総生産(GDP)データを発表したという。第1-3四半期のGDP規模をみると、広東省が引き続き予想通りの1位をキープし、北京市と上海市は同期の平均可処分所得が5萬元(1元は約15.4円)の大臺を突破した。中國新聞網が伝えた。

GDP成長率が全國平均上回ったのは10省區市以上

1-9月期のGDP成長率をみると、雲南省が8.8%で暫定1位だった。2位は江西省で8.6%。

14省區市のうち、広東省、四川省、湖北省、湖南省、福建省、安徽省、江西省、雲南省、山西省、寧夏回族自治區の10省區は1-9月期のGDP成長率が全國平均を上回った。

北京の1-9月期のGDP成長率は6.2%で、全國平均のレベルを保った。甘粛省は6.1%、上海は6.0%、內蒙古(內モンゴル)自治區は5.6%で、全國平均を下回った。

北京、上海の1-9月期平均可処分所得が5萬元超

國家統計局が18日に発表したデータによると、1-9月期の全國の平均可処分所得は2萬2882元で、名目成長率は8.8%、物価要因を考慮した実質成長率は6.1%となり、経済成長とほぼ同ペースを保った。

可処分所得とは、個人が最終消費支出と貯蓄に充てることのできる所得の合計を指し、個人が自由に使用できる収入であり、現金収入も現物給與も含まれる。

地域別可処分所得データをみると、上海と北京の所得レベルが群を抜き、1-9月はどちらも5萬元の大臺を超えた。

このうち上海は5萬2292元で、実質成長率は5.9%。北京は5萬541元で、実質成長率は6.7%だった。(編集KS)

「人民網日本語版」2019年10月22日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860號

中國語辭書: