中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
第19回中國國際人材交流大會が深センで開催
  ·   2021-05-06  ·  ソース:人民網
タグ: 人材;雇用;文化
印刷
帰國人材招聘會で、企業の人事擔當者に質問する求職者。撮影?毛思倩(新華社記者)

第19回中國國際人材交流大會が深センエキシビションセンターで開幕した。會期は2日間。新華社が伝えた。

今回の大會は科學技術部(?。─壬睽互笫腥嗣裾鞔撙?、オフラインとオンラインの両方を採用した。オフラインでは計畫面積6萬3000平方メートルで計5つの展示館を設置し、相談、人材誘致、テーマイベントなどの場を設けた。オンラインではバーチャル展示ホール、プロジェクト?マッチング、オンライン誘致などのサービスを提供する。

大會組織委員會によると、今回は様々なフォーラムやイベントを100回近く行う。30余りの國や地域から1200余りの専門機関?組織、1萬人余りの國內外の政府代表、専門家、學者、高度人材が參加する見通しだ。

今回の大會では各地の地域環境、産業政策、人材政策だけでなく、難題プロジェクト擔當人材の公開募集についての具體的な情報を紹介しているブースも多い。

また、外國籍人材招聘會、帰國人材招聘會、「精英天下」中高級人材招聘會も設けて、職を求める國內外の多くの人材を呼び込んでいる。深センエキシビションセンター4號館での帰國人材招聘會は特に賑わい、騰訊(テンセント)、平安、華潤、デカトロン、エルメスなど150社余りの企業が優れた人材を招聘し、金融、インターネット、ハイテク、ハイレベルサービス業、文化?教育?娯楽など様々な業種の1800以上のポストを用意している。

大會期間には人材ビッグデータ?サミットフォーラムも開催?!溉瞬膹妵埂弗钎弗骏胫袊箲槁预螌g施が推し進められる中で人材と産業が協同で発展する新たな道を議論する。このほか、中國(深セン)青少年科學技術革新教育フォーラムも初めて開催され、科學と基礎教育革新の融合する特色あるモデルを検討する。(編集NA) 

「人民網日本語版」2021年5月5日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: