中文 | English | Fran?ais | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中國科興製新型コロナワクチン、ブラジルの変異株にも有効
  ·   2021-04-15  ·  ソース:人民網
タグ: ワクチン;新型コロナウイルス;文化
印刷

中國科興製新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」の生産者であるブラジルのブタンタン研究所は現地時間11日、「コロナバック」のブラジル3期臨床試験の最終研究結果を発表した。中央テレビニュースが伝えた。

同研究所は報告書の中で、同ワクチンの入院不要の軽癥者を含む新型コロナウイルス感染者に対する有効率を、今年1月の50.38%から50.7%に引き上げた。一方で、明らかな癥狀があり入院治療が必要な感染者に対する有効率は、1月の速報の78-100%から83.7-100%に修正した。

今回の研究結果によると、「コロナバック」の1回目と2回目の接種の間隔が21日以上の場合、同ワクチンの入院不要の軽癥者を含む感染者に対する有効率は62.3%に上がる。同時に感染力が強い変異株の予防効果に関する最新の研究結果によると、同ワクチンが新型コロナウイルス不活化ワクチンであるため、ブラジル現地の変異株「P.1」と「P.2」に対して有効性を持ち、在來株と同じ中和効力を持つという。

同研究所によると、この報告書は同日、國際的に権威ある醫學誌「ランセット」に提出された。醫學界の同業者によるさらなる査読を経て、誌上で研究結果が発表される。(編集YF)

「人民網日本語版」2021年4月14日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號-4 京公網安備110102005860

中國語辭書: